2018/05/23

からあげやハンバーグ、チキンソテーなどの油系肉料理をもの凄く美味しく作る裏技






今回は家庭でよく食べるからあげやハンバーグ、チキンソテーなどの油を使う肉料理をもの凄く美味しく作る裏技についてご紹介します。

こちらは2018年5月22日に「教えてもらう前と後 発見7つのこだわり」で報道された内容で、僕も知らなくて目からウロコのナイスな情報でした。

普段の調理の仕方をちょっとだけ変えるだけで、誰でもいつでも簡単にできちゃう方法だったんです。知らない方は是非ともお試しください!いつもの何倍も美味しいからあげやハンバーグが食べられますよ♪







スポンサードリンク





普段家庭でよく食べるからあげやハンバーグ、チキンソテーなどの油を使う肉料理を美味しく作る裏技はいたって簡単です!


方法は油を温める前にお肉を投入すること、ただそれだけです♪


具体的にどのような感じかご説明しますね^ ^


からあげの作り方からいきましょう。




①まず調理器具の中に油を投入します。

IMG_7984 2



②次に鶏肉を投入します。

IMG_7988.jpg

えっ?油を温めるのが先じゃないの!?っと思うかもしれませんが、それでOK!これが今回の裏技なのです。滝川クリステルさんもビックリw



③鶏肉がしつかり浸かるぐらいまで油を投入します。

IMG_7989.jpg


こんな感じになったら準備完了。

IMG_7991.jpg



④火をつけて弱火にします。

IMG_7992.jpg


だんだん温度が上がってきます。火をつけてから約5分間この状態でで待ちます。

IMG_7993_201805222318409f2.jpg

IMG_7994.jpg



⑤5分経ったところで裏返し、3分待ちます。

IMG_7996 2



⑥3分経ったところで鶏肉を一度油から上げます。

IMG_8005 2



⑦しばらく置いて高温で二度揚げします。

IMG_8006 2


短時間で表面の色が変わってくるので、色が変わったらできあがり♪

IMG_8007 4



これで美味しいからあげの完成です。




肉ジルが詰まっていてしっとりとジューシー、中はフワッと外はカリッとした食感のからあげが堪能できますよー(〃ω〃)♡






ところで、普段よくつくるからあげと違うところは…

油が温まってから鶏肉を入れるか、油を温める前に入れるかというところでした。

ポイントは油が温まる前に入れるということですね。


これはなぜかというと、お肉は強火で一気に熱を加えると一気に縮んでしまうからです。
肉のタンパク質は65℃以上の熱で急速に収縮して硬くなってしまうのですが、上記のような調理法であればお肉に徐々に熱を加えるため急激な収縮を抑えて美味しく仕上げることができます。



IMG_7997 2

IMG_7998.jpg

IMG_8001.jpg

IMG_8002.jpg

IMG_8003.png

IMG_8004_20180522235059b6e.jpg



なお、二度揚げをしていますが、この際も一度火を通してしまっているためお肉は収縮しない状態になっており、柔らかくて美味しいまま外側をカリッと仕上げることができます。


IMG_8008 2


すごい科学的で理にかなった調理法でなっとくできますね!調理法も普段の調理手順を少し変えるだけで簡単なので、皆さんも是非とも実践してみてください。







チキンソテーについてもからあげと同様です!
熱々のフライパンに入れないこと。

IMG_8009 2

IMG_8010 2



冷たいフライパンに油を敷いて、弱火でじっくり火を通し、最後に強火でカリッと仕上げましょう。

IMG_8011_2018052223372426a.jpg



フワッと肉汁がジューシーなチキンソテーができあがります♪

IMG_8013.jpg





ハンバーグについても火の通し方は同じです。

ただし、一点違うところがあります。こちらも家庭でよくやりがちなあの調理工程を少し変えるだけで格段に美味しくなるようです。

IMG_8014 2





その工程とは・・・






お肉をこねる際に手でこねないことです!!

IMG_8015 2



手でこねると手の熱でお肉通しがくっつきにくいという現象が起きてしまい、焼いたときに肉の間に隙間がたくさんできてハンバーグがボロボロと崩れてしまいます。


IMG_8018_2018052223373068d.jpg

IMG_8019.jpg



こうなると肉汁も出ちゃうし食感も悪くなります。僕も普通にこうやっちゃってました...(´;ω;`)

IMG_8021.jpg




そんなわけで、ハンバーグのお肉を混ぜる時はこちらのすりこぎを使ってこねましょう。これなら熱が邪魔をしません。

IMG_8016.jpg




ハンバーグのひき肉には塩だけいれてすりこぎでこねます。


IMG_8022.jpg

IMG_8024.jpg



上記の写真のように、すりこぎにひき肉がくっついてボールが浮き上がるようになってくるまでこねたらOKです!




こねた後は、手の熱が伝わらないようにさっと形を整えましょう。

IMG_8025.jpg



あとは同じ流れで、冷めたフライパンに油を敷き、弱火で火を通して完成♪


IMG_8027.jpg

IMG_8029.jpg



できばえはこれだけ違います。

IMG_8028.jpg


一目瞭然ですね!

これだけしっかり肉が詰まったハンバーグは弾力があって肉汁がしっかり閉じこもっていて美味しいでしょうねぇ(о´∀`о)☆



スタジオの芸能人達も驚きでした。


IMG_8031.jpg





今回は家庭でよく食べるからあげやハンバーグ、チキンソテーなどの油を使う肉料理をもの凄く美味しく作る裏技についてご紹介しました。

普段の調理の仕方をちょっとだけ変えるだけで誰でもいつでも簡単にできちゃう方法で、何倍も美味しいお肉料理が食べられると思いますので皆さんも是非一度お試しください♪










「人生こだわって楽しまなきゃ!」のブログは、にほんブログ村のランキングに参加しています!
以下のバナークリックがランキングに反映されますので、記事がよければクリックをいただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



今日も最後までお読みいただきありがとうございました(о´∀`о)



関連記事

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント