2017/06/21

美味い刺身がお金をかけずに毎日食べられる方法

tuna-1648597_1920.jpg



どーも、刺身が大好きで鳥取に来てから釣りを初めたkodawari TKです!

最初は全く釣れなかったけど、以前にブログに上げたみたいにネット情報でちょっと勉強て実践を積んでいたら、最近は確実に釣れるようになってきました♪


スポンサードリンク





ほら、こんな感じにたくさん釣れていますよ!




連れた魚の一部始終↓
IMG_0956.jpg


IMG_0959.jpg


IMG_0261.jpg


IMG_0623_201706202207291fb.jpg


IMG_0652_20170620220817256.jpg





えっ?初心者でも釣れるの??っとお思いでしょうが、コツを掴めば本当に簡単に釣れます。




とりあえず必要なのは、釣り竿、あと・・エサだけです。


釣りは誰でも手軽にすぐに初められますよ。



休日の暇な時間に一人で・・

友人とBBQをしながら食材をゲット・・

家族でお弁当を持って午前中だけ・・



みたいな感じで、普段の日常がさらに楽しめるようになりますので、まだやったことがないひとには是非ともおすすめしたいです(๑>◡<๑)







釣れる魚は、仕掛けと場所を変えればあなたの好きに選べます


特に釣り初心者でも簡単に釣れてめちゃめちゃ美味しい魚は「キスアジカサゴ」ですかね!





僕は鳥取に来てからこればっかり釣っています笑


だって、これがまた本当によく釣れて美味しいんですもん。




煮てもよし!

焼いてもよし!

刺し身でもよし!

カルパッチョやツミレ、パエリアなどアレンジしてもよし!





っと調理用途が多彩で、どれをとっても最高のお魚達なのでおすすめですよ。


僕もこんな感じに調理して楽しんでます。



味噌汁↓
IMG_0983.jpg



一夜干しにして焼いたやつ↓
IMG_0634_20170620221002c62.jpg



刺身↓
IMG_0798.jpg



煮付け↓
IMG_0807.jpg

IMG_0996.jpg







かなりエグい画像になりますが、たくさん釣ろうと思ったら一回の釣りでこんなにも釣れちゃうんです。笑


大量に釣れた日↓
fullsizeoutput_1014.jpeg




家族で釣りに行ってこれだけ釣れれば、奥さんやこどもも大喜びですね。友人とのBBQも盛り上がること間違いなし


一夜干しにして冷凍しておけば、旨みが凝縮されてかなり日持ちしますので食材も長持ち。


一夜干し アジ 塩漬け中↓
IMG_0265_20170620220741169.jpg


一夜干し キス 塩漬け後の干し中↓
IMG_0808.jpg







ただ・・僕は最近は数を釣るよりももっと大きな魚を釣って刺身で食べたくなってきてしまいました・・・


そんなわけで、上記に上げた三種類の魚の中で最も大きなサイズの魚であるカサゴに焦点を当てて釣ることに!




カサゴは大きいものでは全長30㎝を越えます


そして、日本全国どこでも生息しており、いつの時期でも釣れます(大量に大物が釣れるのは寒い時期だけど、今もよく釣れてます)。


釣れる場所はテトラポットや海底の障害物があるところなどで、ここに身を潜めて自分のところにエサが来るのを待っていることが多く、エサと思われるものが自分の近くに来るとその途端にすかさず食いつく性質があるお魚なので、その性質を利用して初心者でも海岸から簡単に釣ることができます



釣り方の詳細は以下のサイトにわかりやすく書いてあったので、僕がまとめる必要もないと思います。こちらを参考にしてみてください。
簡単に釣れる「カサゴ」の釣り方まとめ!餌・仕掛け・ルアー色々解説【堤防釣り】
【初心者でも簡単マスター】これであなたも“カサゴ釣りの達人”に!


僕はこちらのサイトにある釣り方の中でも、針にエサを付ける代わりにワーム(擬似餌:エサに似た形をした人工物)をつける方法で最近カサゴを釣りまくっています。


釣り方はいたって簡単で、針にワームをつけたら、それをカサゴがいると思われると予想される海岸近くのテトラポットや岩の穴などに放り込んで海底に落として上下に動かすだけ



カサゴがそこにいる場合は、穴に1回入れてワームを上下に少し動かすだけでもすぐに食いついてくることが多いので、本当に簡単に釣れます。


穴に2-3回入れても釣れない場合はそこにカサゴはいないということもすぐにわかりますので、穴を変えてカサゴちゃんを探すって感じになります。
魚がいるかいないかがちゃんとわかるので、初心者にもとっつきやすい釣りですね。

そんな感じなので、こどもと一緒にやっている家族もよく見かけますよ〜



興味がある方は是非ともやってみてください(・ω・)ノ



質問)なぜエサで釣らずにワームで釣るの?
カサゴは本当に食いつきがいいので、エサで釣ってもワームで釣っても釣れる数はあんまり差がありません。どうせなら何度も使えてエサを買うお金が浮くのワームの方がいいですね。また、エサで釣った場合は小さい魚が針に食いついてしまったり、大きい針を使っていた場合はエサだけがとられたりしてめんどくさいです。エサをとられないように大きいエサにしようとすると、エサ代が高くついてしまうんです。しかし、ワームなら釣りたい魚の大きさが狙えるサイズのもの(小さい魚がかからないように大きめのもの)を買っておけば、こんな問題は簡単に解決します。だから僕はワームを使って釣っています。








ところで・・今回の本題にやっと移りますが、僕は最近このカサゴ釣りとその釣ったカサゴのお刺身にドはまりしてしまっています。笑

今日も勤務終わりに海へ向かい1時間だけ釣りをしてきましたが、30㎝級の大物をゲットしました!


本日の大物↓
IMG_1003.jpg




今日は嫁が不在で夕食をどうしようかと思っていたけど、我が家の食卓はこんなに潤う結果に♪


IMG_1004.jpg





このブログの読者の皆さんは、普段そんなにカサゴを食べる機会がないかもしれません。


しかし、カサゴの刺身はむちゃくちゃ美味いんですよ!


一般的によく食べる魚で味が似ているものを挙げるとすると、タイが一番近いと思います。カサゴはタイよりもさらも身に弾力があり、歯ごたえがあって甘みも強いといった感じですね。



釣り竿とワームがあればこれがいつでも釣って食べられるという幸せ・・♡



簡単に釣れるし、道具さえ持っていれば新鮮で美味い刺身がお金をかけずに食べられるので、そりゃどハマりしてしまいますよね。笑



知らない人は人生損しちゃってるぞーーーって思ったりしちゃうぐらいの満足感です(´・ω・`)


鳥取に来てから思いつきと勢いで釣りを初めてみてよかったなってつくづく思いますね。
釣りを初めた経緯①(こちらは釣りじゃない情報多いですw)
釣りを初めた経緯② キス釣りに必要な情報まとめも掲載




カサゴの刺身はスーパーではあまり見ないけど、食べたことがない人は是非とも自分で一度釣りにいって食べてみてください!


海があればだいたいその辺りのテトラや岩場の穴っぽくなっている所にいますので、あなたの住んでいる近くでも釣れる場所が必ずあると思います。


良い釣りポイントを見つければ、いつでも美味しいお刺身が食べられますよ♪


興味がある人は明日にでもカサゴ釣りを初めてみてください☆





長くなりましたが、本日も最後までお読み頂きありがとうございました!



なお、最後にカサゴ釣りに必要なセットだけご紹介しておきます。高い物を買わなくても、最低限これだけあれば大丈夫ですよ。


防波堤での穴釣りはコンパクトが一番↓



なんでも釣れるけどこのタイプがよく釣れます↓



重りがないとワームが沈まないのでこれも必須↓



長時間釣る場合は新鮮な魚を持って帰るために必要↓










「人生こだわって楽しまなきゃ!」のブログは、にほんブログ村のランキングに参加しています!
以下のバナークリックがランキングに反映されますので、記事がよければクリックをいただけると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント